お店紹介
台湾茶について
    ├台湾茶の歴史
    ├基本的なお茶の煎れ方
    └お茶についてのFAQ
商品紹介
お問い合わせ
ホームへ


台湾茶について


台湾茶の歴史

 亜熱帯地方に位置する台湾は、北から南まで、1年のほとんどが雲や霧に覆われるほど高い山脈が続いているために、お茶の産地として非常に適した環境といえます。1896年「FORMOSA TEA」という名前の烏龍茶(127,86トン)が初めて米国、ニューヨークへ輸出されました。米国の関係者たちはその味、飲みやすさに驚き、それをきっかけに「台湾茶」が注目され、一躍国際舞台に躍り出ることとなりました。あれから百年の間、お茶の市場増加に対応するため、台湾盆地の老舗茶業者たちが協力し、製茶や茶焙煎の専門家達を育てたりして、お茶に対してたゆまぬ努力を重ねた結果、「台湾茶が世界中に知れ渡り、今日まで愛飲されてきたのです。


基本的なお茶の煎れ方

 茶壷に沸騰したお湯を注いで、茶壷をよく温めた後で、お湯を捨てる。
 茶葉を急須の底が見えなくなるくらい入れる。大体急須の5分の1の量。
 それぞれのお茶を煎じる適温に合わせたお湯を急須の9分目まで注ぐ。
 すぐに茶壷の中の茶水を全て茶杯や聞香杯に移して、それぞれ温める。

 また茶壷にお湯を入れる。蓋をしたまま茶杯や聞香杯の茶水を上から注いで蒸らす。
 それぞれの茶葉に適する抽出時間(30秒から1分後)の後、聞香杯に茶水を注ぐ。
 次に聞香杯の茶水を茶杯に移す。こうすることで、飲みやすい温度に下がる。
 空になった聞香杯に残ったお茶の香りを楽しむ。
 茶杯のお茶を味わう。

 二煎目からも同じく、お湯を入れて好みの濃さまで待ってから、茶杯に注ぐ。