[文山包種茶]
 清茶という別名を持つ文山包種茶は、青茶に属する茶葉の中でも最も発酵度数が低いお茶です。産地は、台湾北部の文山地区一帯や坪林地方といった比較的海抜の低いところで、その昔、茶葉を四角く袋に包んでいたことからこの名前がついたそうです。茶葉の摘み取りタイミングや、加工時間・温度・湿度などの条件によって味に違いが出てくるデリケートなお茶です。
 茶葉は揉まないので自然にねじれた線状をしていて、緑色の葉にお湯を注ぐと、淡い黄色の茶水に変わります。発酵が軽いため、蘭の花のようなすがすがしい茶の香りが強く残っています。飲み口は緑茶に似ていてサッパリ、その後甘みがほんのり広がります。リフレッシュしたいときには最適ですよ。85度に近い熱湯で入れましょう。
[CLOSE]