[高山烏龍茶]
 清茶と呼ばれる青茶の一種に属します。高山茶という名を付けられるには、海抜1000メートル以上が絶対条件で、台湾の阿里山、玉山、雪山、梨山などの山地で栽培しています。海抜が高くなるにつれて収穫も少なくなるため、高い海抜の茶葉は貴重品とみなされます。高山の気候は涼しい上に、朝と夜は雲や霧が多くて平均日照時間も短くなります。このような気候のもので作られる茶葉の木や草の芽は、苦みや渋みの成分が少なく上質の茶葉に育つのです。
 製茶後の茶葉は丸まった形で緑色をしています。気候の関係で低地の茶葉よりも小ぶりなのが特徴。茶水の方は翡翠のようなきらきらした緑色をしています。軽やか・滑らか・上品な味わいで、苦味は感じられません。喉を通った後、鼻に抜ける花の香りも魅力の高山茶。何度も入れると、お茶の色が透き通った金色から黄色に変わるのも特徴のひとつです。100度の熱湯で入れましょう。
[凍頂烏龍茶]
 元々、大陸から運ばれた苗木を植えたのが始まりで、今では台湾茶を代表するほど有名な烏龍茶に成長した凍頂烏龍茶。産地は台湾中部にある凍頂山のふもとに広がる鹿谷郷周辺で、山頂で作られたものが一級品とされています。茶葉は高級半発酵。袋に入れて、丹念に揉む作業をするため、半球状の形で緑色をしています。お湯に浸した時は、茶水が黄金に変わります。その甘味をたたえた柔らか・まろやかな口当たりはまさに絶品。また、喉越しは清々しく爽やかで、何杯飲んでも飽きない味です。芳香も見事で、蘭やキンモクセイのような甘く華やいだ香りがします。一煎目、二煎目、三煎目と飲み進んでいくにつれて、香りが優しく変化し、徐々にコクや甘味が出くるのもお茶を入れるときの楽しみです。100度近い熱湯で入れましょう。
[CLOSE]